[PR]

 大型の台風10号は16日午前、日本海を北上している。17日未明までに日本海上で温帯低気圧に変わり、北海道付近へ進む見込みで、気象庁は東日本でも大雨や暴風に注意するよう呼びかけている。

 16日の24時間雨量は、午前10時時点で和歌山県田辺市で358ミリ、奈良県十津川村で264ミリ。東日本でも静岡市で231ミリ、長野県王滝村で248ミリ。総務省消防庁がまとめた午前7時半時点の人的被害は、広島県で死者1人、重軽傷者は岐阜県や愛知県、宮崎県などで計49人。山梨県や静岡県など全国で約3千人が避難している。

 日本航空は羽田空港と名古屋、出雲を結ぶ2便の欠航を決めた。JR東日本は平常通り運転している。