[PR]

 米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)に、巨額の不正会計疑惑が浮上した。米著名会計専門家が15日、GEの保険やエネルギー事業などで少なくとも計380億ドル(約4兆円)にのぼる不正処理があると告発。GEは疑惑を全面的に否定しているが、GE株はこの日のニューヨーク市場で11・3%も急落した。

 会計専門家ハリー・マーコポロス氏は、GEをめぐる170ページ超の報告書を公表。GE傘下の介護保険事業の準備金が不足しているなど複数の疑惑を指摘し、資金繰りにも問題があると主張した。米テレビでは、GEが経営破綻(はたん)に向かっている可能性があるなどと語った。巨額詐欺「マドフ事件」を告発した人物として知られる。

 これに対しGEは「指摘には根拠がない」などと反論する声明を出した。同氏が、GE株価の下落によって利益を得るヘッジファンドと組んでいることから、その利益が目当ての主張だとの考えを示した。

 GEのカルプ最高経営責任者(…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら