[PR]

 アーティストによる駿府城公園(静岡市葵区)のライトアップが16日、始まった。同市主催で18日までの3日間、夜の公園が光と音で幻想的に生まれ変わる。

 音楽ステージなどがある「駿府城夏まつり水祭」と同時開催。ライトアップするのは東御門中庭と巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)、天守台発掘調査現場。東御門中庭では複数台のOHP(オーバーヘッドプロジェクター)で外壁に光の絵を描き、音楽や手品と共演する。発掘現場では調査中の城跡のイメージを光と音楽、詩で演出する。

 午後6時半~同11時。ライトアップされた櫓をお堀から見上げる「葵船」も浮かべる。(堀之内健史)