[PR]

 西日本を縦断した大型の台風10号は、兵庫県で行われている全国高校野球選手権大会の順延をはじめ、スポーツイベントにも影響をもたらした。開幕まで約1カ月のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会や、1年後に控える2020年東京五輪・パラリンピックでは、自然災害などにどんな準備を進めているのか。

 9月20日から全国12会場で44日間にわたって行われるラグビーW杯。大会組織委員会は突発的な事象への対応に力を入れる。1年ほど前から組織委や開催自治体、運営に関わる民間事業者らが一堂に会しての「机上訓練」を重ねてきた。

 「試合当日の朝、気象予測の会社から、開場時間の午後4時ごろに○○市周辺で雷を伴うゲリラ豪雨が発生する見込みあり、と報告があった」

 訓練ではこんな仮定に沿って、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら