[PR]

 お盆に迎えた先祖の霊を送り出す伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内であった。市街地を囲む山々に火文字や図形が映え、約2万8千人(京都府警調べ)が見守った。

 午後8時、同市左京区の如意ケ嶽(にょいがたけ)に「大文字」がともった。その後、東から西へ「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」が順々に点火され、夜空に浮かび上がった。

 五山送り火は室町時代から江戸時代にかけて定着したとされる精霊(しょうりょう)送りの行事で、古都の夏を彩る風物詩となっている。(大村治郎)