[PR]

(16日、高校野球 作新学院18―0岡山学芸館)

 岡山学芸館には徹底事項がある。「笑顔でプレー」することだ。八回2死まで無安打と苦しい展開が続いたが、記録員の森岡萌菜(もえな)(3年)が振り返る。「みんな、いつも通り、笑顔でいられました」。身近なスターの存在に、チームは励まされていた。

 初戦を迎える前の7日のできごとだった。岡山に残る控えメンバーの映った動画が、LINEで、森岡たちに送られてきた。撮影場所はゴルフの練習場。岡山出身で、全英女子オープンで優勝し、「スマイルシンデレラ」と話題になった渋野日向子が通う場所だ。

 動画に映った選手たちはみんな笑顔だった。「『渋野パワー』をもらいにいってくれたんです」と森岡。部の徹底事項と重なる人にあやかろうとしてくれた仲間に、感謝の気持ちがあふれた。

 渋野本人も、そのことを知っていた。岡山学芸館が3回戦の作新学院(栃木)戦を迎えた16日、渋野は、NEC軽井沢72に出場。その前日に話していた。「私はいなかったけど、学芸館のベンチに入っていない子たちが、私が練習していた練習場にチャリンコをこいで来てくれました。私のパワーをもらいに、みたいな感じで」

 モチベーションにしてきた人と、つながっていた。森岡は、それを知らなかった。でも、「渋野さんや行動してくれた仲間を身近に感じられたから、最後まで笑顔を貫けました」。0―18での敗戦。言葉に詰まりながらも、笑みだけは忘れなかった。