[PR]

 不動産事業を手がけるユニゾホールディングス(HD)は16日、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)からの敵対的TOB(株式の公開買い付け)への対抗策を発表した。ソフトバンクグループ傘下の米国の不動産投資ファンドから友好的なTOBの提案があり、これに賛同する。HISの買い付け阻止を狙う。

 ユニゾによると、米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループが特別目的会社を設け、ユニゾ株を1株4千円で買い付ける。HISによる買い取り価格の3100円を上回る水準だ。

 ユニゾ株の3分の2以上の取得をめざす。全株を取得して上場を廃止する可能性もある。投資額は最大で1368億円にのぼる。買い付け期間は週明けから10月1日までを予定する。

 フォートレスは2017年にソフトバンクグループの傘下に入った。日本国内ではオフィス向けの不動産やビジネスホテルの「マイステイズ」を営む。

 ユニゾは不動産事業を中心に「…

この記事は有料会員記事です。残り343文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。