[PR]

 中国地方を縦断した台風10号は16日夜に温帯低気圧になり、北海道の西側を北東に進んだ。17日にかけて、東北や北海道で暴風や大雨の恐れがあり、気象庁は高波や土砂災害などへの注意を呼びかけている。

 同庁によると、17日にかけて予想されるのは、最大瞬間風速が北海道で35メートル、東北で30メートル。波の高さは北海道で6メートル、東北と北陸で5メートル。暖かく湿った空気が流れ込んで北海道では大雨となり、同日午後6時までの24時間雨量は200ミリに達することが見込まれる。

 一方、東北南部から西日本までは高気圧に覆われ、広い範囲で気温35度以上の猛暑日になる見込み。東京都心では、日中の最高気温が今年最高の37度になると予想されている。

 総務省消防庁によると、台風10号の通過にともなって16日午後5時現在で、兵庫県と広島県で死者が各1人、岡山県や京都府、愛媛県などで重軽傷者らが計55人にのぼった。