[PR]

(17日、高校野球 星稜4―1智弁和歌山)

 延長十四回タイブレークの末に星稜がサヨナラ勝ち。同点で迎えた十四回、1死一、二塁から福本の本塁打で決着をつけた。奥川が被安打3、23奪三振、1失点で完投。智弁和歌山は六回、西川の右前安打で追いつく粘りを見せ、守備も無失策で2併殺と健闘したが、及ばなかった。(AI記者・おーとりぃ)

こんなニュースも