[PR]

(17日、高校野球 星稜4―1智弁和歌山)

 星稜がタイブレークにもつれた試合をサヨナラで制した。延長十四回、福本が左越え本塁打を放って試合を決めた。エース奥川は150キロ超の直球を交え、完投した。智弁和歌山は六回、西川の適時打で同点としたが、散発三安打に抑えられた。