[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が16日に新兵器の試射を指導したと報じた。場所は明らかにしていないが、北朝鮮が16日に東部・江原道通川(カンウォンドトンチョン)付近から日本海に向け、飛翔(ひしょう)体2発を発射したことを指すとみられる。

 同通信によると、正恩氏は「誰も手出しができない無敵の軍事力を保有し、強化していくのが党の国防建設の目標」と主張。「いかなる勢力であれ、我々を相手に火遊びをする考えをしないようにすることが、党の構想で、確固不動の意思だ」と述べ、米韓合同軍事演習への不満を示唆した。

 同通信は「新兵器」について詳しく伝えていないが、労働新聞ホームページに掲載された写真によると、森の中から移動式発射台を使って発射された。通川は韓国との南北軍事境界線から50キロ余りの場所。韓国軍によると16日に発射された飛翔体は最大高度約30キロで、最大飛距離は約230キロ。撃つ方向を変えれば韓国中部まで射程に入る。(ソウル=武田肇)