[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの1年前記念イベントが17日、山梨県道志村の「道の駅どうし」であった。

 村は、山中湖村と共に県内唯一のオリンピック競技の会場として、村内を縦断する国道413号が自転車ロードレースのコースになった。7月21日には国内外のトップ選手が参加するテストイベントもあり、村民らがボランティアのコースサポーターとして活躍した。

 記念イベントの会場は413号に面し、午前中から夏休みの家族連れやライダーらでにぎわった。午前9時半からの1回目のステージショーでは、五輪マスコットの「ミライトワ」とパラリンピックマスコットの「ソメイティ」が登場。子どもらに応援ソング「パプリカ」の振り付けを指導した。曲に合わせて一緒に踊ったり、握手会を開いたりして盛り上げた。

 テストイベントの写真やロード…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら