[PR]

 松本市で毎年夏に開かれるクラシック音楽の祭典「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」が17日、開幕した。フェスティバルの総監督を務める小澤征爾さん(83)が2年ぶりに松本入りし、「松本は自分の場所みたいなもの。(OMFは)すっごい大事」などと語った。

 OMFは前身のフェスティバルから数えて28年目。今年の開幕を飾った「OMF室内楽勉強会~リートデュオ~発表会」の公演後、同じザ・ハーモニーホール(市音楽文化ホール)で小澤さんが記者会見した。

 昨年は体調不良で一度も松本入りができず、2年ぶりとなった感想を最初に聞かれると、「やっと来られてうれしい」。

 今年も海外のゲスト指揮者がタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら