【動画】猛暑の中、多くの人でにぎわう逗子海岸海水浴場と辻堂海浜公園プール=野津賢治撮影
[PR]

 台風10号が南から運んできた暖かい空気が上空に残った影響や強い日差しも加わり、17日は東京都心で日中の最高気温が35・5度を記録するなど、全国63地点で猛暑日となった。今後1週間は平年より気温が高く、厳しい残暑が続くと予想されることから、気象庁は「熱中症が重篤となる場合は命にも関わる」として注意を呼びかけている。

 同庁によると、この日全国で最も気温が高かったのは前橋市、東京都練馬区、茨城県大子町で、いずれも36・9度を観測。次いで群馬県伊勢崎市の36・8度などだった。

【動画】暑い夏 熱中症を防ぐにはどうすれば?=信永真知子、平井隆介撮影