[PR]

 2020年東京五輪の観戦チケットの追加抽選受け付けが、19日午前11時59分に締め切られる。1次抽選で1枚も当たらなかった約416万人が対象。締め切り間際は公式販売サイトにアクセスが集中する恐れもあり、大会組織委員会は「余裕を持って応募してほしい」と呼びかける。結果は9月11日に通知される。

 今月8日から受け付けが始まった追加抽選では、全33競技のうち体操やフェンシング、サッカーなど20競技の約68万枚を販売する。開閉会式や競泳など一部の人気競技は含まれていないが、男子ビーチバレーや女子ラグビーの決勝など、メダル争いを観戦できるチケットも用意されている。

 アクセス集中時に備えて「ウェーティングルーム(待合室)」を設けているが、5月の1次抽選では締め切り直前に1時間半待ちになることもあり、申し込み希望者は注意が必要だ。五輪チケットはこの秋、2次抽選があり、開閉会式を含む全競技を販売する。パラリンピックチケットは、今月22日未明から公式サイトで抽選受け付けが始まる。(斉藤佑介)

◇追加抽選で販売対象になる競技…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら