[PR]

 プロ野球広島は17日、サビエル・バティスタ外野手(27)が日本野球機構(NPB)アンチ・ドーピング委員会のドーピング検査で陽性だったと発表した。球団は同日、バティスタの1軍選手登録を抹消した。

 NPBによると、バティスタは6月上旬に行われた検査で陽性反応を示した。予備の検体も陽性だったことが16日夜、球団へ通知されたという。今後は本人に弁明の機会が設けられ、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会で、処分が検討される方針。禁止薬物については「現段階では差し控える」としている。

 バティスタはドミニカ共和国出身の4年目。今季は103試合に出場して打率2割6分9厘、26本塁打、64打点の成績だった。

■プロ野球でのドーピング違反(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら