[PR]

 名古屋市立中学校の2年生の男子生徒が、火のついたたいまつを回す「トーチトワリング」(トーチ)の練習中にやけどを負った問題で、市教育委員会は13日付で、今年度はトーチを行わないよう市立の小中高校に通知した。来年度以降は、安全性を検証したうえで、実施するか判断するという。

 市教委によると、トーチは市内のほとんどの中学校と一部の小学校が野外活動で採り入れており、希望者が演舞を披露する。市教委は安全対策をまとめたマニュアルを作り、教員らに指導法を伝えてきた。

 先月26日、市立守山東中学校2年生の男子生徒が校庭で練習中、服の袖に引火。バケツの水で消火したが、腕にやけどを負った。また、昨年度にも小学5年の児童がトーチを披露した際、やけどを負った事故があったという。

 市教委は守山東中の事故の関係者への聞き取り調査をするなどしたうえで、来年度以降の方針を決める。市教委は「安全確保を最優先する」としている。(柏樹利弘)