[PR]

 陸上走り幅跳びの城山正太郎(24)=ゼンリン=が17日、福井県営陸上競技場で行われた「アスリートナイトゲームズイン福井」の3回目で8メートル40(追い風1・5メートル)の日本新記録をマークした。自身の記録を39センチ更新した。この大会では、日本歴代2位の記録を持っていた橋岡優輝(20)=日大=が1回目に8メートル32(追い風1・6メートル)を跳び、日大の先輩でもある森長正樹コーチが1992年に樹立した8メートル25の日本記録を27年ぶりに更新。その約30分後に城山がさらに上回る大ジャンプを披露した。