[PR]

(18日、高校野球 明石商7―6八戸学院光星)

 明石商は内野陣の連係が光った。八回2死一、三塁、八戸学院光星の7番打者への3球目、一塁走者がスタートを切った。が、捕手・水上は慌てず、まず三塁走者を目で牽制(けんせい)してから二塁カバーの遊撃・河野に送球。河野は一塁走者を追いこみつつ、最後は一塁・岡田に球を送り、タッチアウトにした。三塁走者が先に生還していたら同点になった場面だったが、巧みな連係で防いだ。3人は、「何回も練習してきたことが出来た」と誇った。