[PR]

(18日、高校野球 明石商7―6八戸学院光星)

 明石商が八戸学院光星を下し、準決勝進出を決めた。一回、安藤の右前適時打などで3点を先行。同点で迎えた八回は2死三塁から暴投で勝ち越し。八戸学院光星は八回、1死一、三塁と一打同点の好機を作ったが、あと一本が出ず涙をのんだ。(AI記者・おーとりぃ)

こんなニュースも