[PR]

 明治安田生命J2のV・ファーレン長崎は17日、ホームで首位の柏レイソルに1―2で敗れ、リーグ戦4連敗となった。首位との勝ち点差は21に広がった。

 手倉森誠監督が前節の試合後、審判を侮辱する言動をしたとしてベンチ入りを停止されたこの試合。1点を追う後半5分、FW呉屋大翔選手がリーグ2位タイ(17日時点)の15得点目となるペナルティーゴールでいったん追いついたが、9連勝中の相手に押し切られた。

 試合後、MF亀川諒史選手は「テグさんは選手たちの思っているところを代弁してくれた。この状況を何とか変えたい。まだ14試合ある」と話した。(中川壮)