[PR]

 八戸学院光星(青森)は、18日の準々決勝で明石商(兵庫)に6―7と惜敗した。6番打者の下山昂大(こうだい)君(3年)は開幕試合で初回に満塁ホームラン、2回戦は同点打、3回戦はサヨナラ打と大暴れしてきた。

 1点を追う八回裏1死一、三塁。明石商のエース中森俊介君(2年)の速球に、下山君のバットは空を切り三振に倒れた。「どんな球でも食らいつこうとした」。選抜4強の右腕に立ち向かい、あと1点が及ばなかった。

 下山君は今大会、何度も輝いた。誉(ほまれ)(愛知)と対戦した開幕試合で初回、いきなりの満塁ホームランを左中間に打ち込んだ。2回戦では逆転された後に追いつく貴重な適時打、3回戦はしぶとく中前に落ちるサヨナラ打を放った。「甲子園で活躍する夢を、苦しみながらもかなえられた」

 いつも試合後に繰り返し口にしたのは、昨夏に脳腫瘍(のうしゅよう)で亡くなった野球部の同級生、吉川智行君のことだった。チームは100人の部員に吉川君も加え、「101」と縫い込んだお守りを全員で携えて戦った。「打てたのは自分の力だけじゃない。吉川に力、貸してくれと願った」

 関西や首都圏から有望な選手が集まる光星にあって、下山君は数少ない県内出身者だ。地元の弘前市にも有力校はあるが、「地元の選手と一緒ではなく、差をつけたかった」と光星を選んだ。初めは津軽弁が通じない環境にとまどったが、「青森の選手は無理だと思われたくなかった」とスイングを磨き、レギュラーをつかんだ。

 三塁が定位置だがこの日、甲子園では初めてマウンドに上がった。先発として二回までに6失点し、三回で降板。「限られた人しか立てないマウンドに、みんなに立たせてもらったが、思っていた以上に甲子園は厳しかった。自分が失点していなかったら」。だが、五回には敵失を誘う強打を放って1点差に詰め寄り、意地を見せた。

 試合後、泣きじゃくる仲間の肩を抱いて歩いた。今春の選抜大会、春季県大会と初戦敗退し、どん底からはい上がってきた仲間たち。「自分が打ちたい」から「チームが勝てば、それでいい」と思えるようになって臨んだ最後の甲子園だった。「みんなの力でここまで勝ってくることができた」とチームを誇った。(吉備彩日)