[PR]

 18日午前6時45分ごろ、窃盗容疑で現行犯逮捕された後に治療のためいったん釈放されていた韓国籍の60代の男が、入院先の東京警察病院(東京都中野区)から逃走した。警視庁が行方を追っている。

 中野署によると、男は13日、開店準備中だった中野区の飲食店内から現金を盗んだ疑いがある。気づいた店員に取り押さえられた。その際、転倒するなどしてあばら骨や鎖骨を骨折し、同病院に入院した。22日に退院予定で、警視庁はその後、改めて逮捕する方針だった。

 男は18日早朝、病院5階のトイレに入った後、付き添っていた同署男性巡査長がその場を離れた隙に逃走。病院1階から外に出て、南東に約600メートル離れたJR中野駅方向に歩く姿が、防犯カメラの映像から確認できているという。

 男は身長180センチぐらい。白色っぽいTシャツと青色っぽいズボンを身に着けていたという。