[PR]

(18日、高校野球 明石商7-6八戸学院光星)

 最大で5点あったリードはなくなっていた。同点の七回2死三塁、明石商の2年生エース中森は弾むように走って、マウンドに向かった。「投げたくてうずうずしていた」

 先発のときのように、力をセーブする必要はない。初球から直球で押した。左打者の内角への2球目は「小さい頃からの目標」だった150キロを超える、自己最速の151キロだった。球場が「おー」とどよめいた。フルカウントからの6球目も内角へ。2度目の151キロで力ない一邪飛に仕留め、八回の勝ち越しを呼んだ。

 明石商の部員は「日本一を目指す」と公言する。「自分、ぜんぜん体力ないんで」という中森が3回戦で登板しなかったのも、決勝まで戦うことを見据えての起用法だ。

 この日のプランは五回まで他の投手がつないで、六回から中森が投げるというものだった。だが、3年生がいい意味で計画を狂わせた。安藤の3点本塁打など二回までの6得点のうち5点は3年生のバットから。3回戦で完投してこの日も先発した杉戸、継投した溝尾の両3年生も打線の援護に守られて、「少しでも長く」と粘った。強打の八戸学院光星にリードを許さず中森につないだ。

 今春の選抜で中森は4試合中3試合で完投。優勝した東邦(愛知)との準決勝終盤に打たれ、敗れた。今大会は3試合でまだ11イニング余りしか投げていない。中森は「先輩たちのおかげでぜんぜん投げていないので、あまり疲れはない」。あと二つ、チーム一丸だ。(内田快)