[PR]

 18日午前10時40分ごろ、東京都千代田区麴町6丁目の国道20号で、警視庁新宿署地域課の男性巡査部長(51)が運転するパトカーが緊急走行中、横断歩道を歩いて渡っていた男児(4)をはねた。男児は病院に搬送されたが、意識不明の重体という。同庁は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで詳しい状況を調べている。

 同庁によると、事故時は車側の信号が赤色で、歩行者側が青色だった。パトカーは赤色灯を点灯させ、サイレンを鳴らした状態で横断歩道に進入したという。薬物事件の捜査中で、同課の30代の男性巡査長が同乗していた。男児は家族と一緒にいたという。