【動画】北斗星を引く「DD51」ディーゼル機関車=2015年3月撮影
[PR]

 寝台特急「北斗星」(上野―札幌)などを率いて走った「DD51」ディーゼル機関車2両が引退後、タイで第二の人生を歩もうとしている。その第二の人生を支え、タイの発展の役に立ちたいと、DD51好きの日本の鉄道愛好家がある行動を起こした。

「北斗星」「カシオペア」を牽引

 2両のDD51はかつてJR北海道が所有し、1975年から道内で「北斗星」や「カシオペア」などを率いた。だが「北斗星」が運行をやめた2015年に廃車となり、日本の商社経由でタイの鉄道工事会社「AS」へ売られた。

 DD51は、蒸気機関車に代わるディーゼル機関車の代表格として日本全国で客車や貨車を牽引(けんいん)してきた。使い方しだいで50年以上は使えるという。海外鉄道技術協力協会(JARTS)によると、日本のディーゼル機関車の人気は高く、ミャンマーなど「引退」を待っている国もある。

 2両は室蘭港からタイへと渡り、昨秋から、ノンプラドック・ジャンクション駅の近くで整備されている。バンコクから鉄路で2時間弱の中部にある。

 記者が訪ねると、いずれも真っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら