[PR]

(18日、高校野球 中京学院大中京6-3作新学院)

 「七回やぞ、七回。絶対点が入るぞ」。七回の攻撃前、3点を追う中京学院大中京の円陣が盛り上がる。「(根拠は)分からないです」と主将の藤田。ただ、7番打者の元(げん)は信じ切っていた。「自分たちは七回、後半に強い」。1死から中前へはじき返す。これが始まりだ。

 二村が四球で続くと、作新学院の捕手立石は変化を感じた。「球場全体が中京に向かっている。『逆転の中京』を意識した」。それは中京打線も同じ。「ワクワクしていた」という9番井上が初球を左前へ運ぶ。続く高畠、申原(のぶはら)も果敢に振った。3連打で2得点。

 仕上げは、再び巡ってきた7番の元だ。1点差の八回、3連続四球で得た満塁機を逃さない。左翼ポール際へ白球が飛び込んだ。

 実は元は3回戦は3番打者。7番で起用したのは、「なんとなく、直感で」と橋本監督は照れた。

 岐阜大会決勝から3試合連続で七回に逆転して勝ち上がり、この日も七回に勢いづいた。「ここまで続くのは、すごいとしか言いようがない」と橋本監督。初の準決勝進出。「7」が絡む粘り強さは本物だ。(小俣勇貴