[PR]

 茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をした後に停車させて男性会社員を殴りけがを負わせたとして会社役員の宮崎文夫容疑者(43)=大阪市東住吉区桑津1丁目=が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は18日、あおり運転の際に同乗していた交際相手の会社員喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=同=も、犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕した。

 県警によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、前方を走っていた会社員男性(24)=茨城県阿見町=運転の乗用車をあおった後、前方に割り込み無理やり停車させた上で降車。男性に対して「降りてこいや。殺すぞ」などと怒鳴りつけ、運転席の窓から拳で男性の顔面を複数回殴打し、顔面などにけがを負わせた疑いがある。

 宮崎容疑者はその後行方がわからなくなっていた。18日に大阪市内で身柄を確保され、19日未明、茨城県警取手署に移送された。

 一方、県警によると喜本容疑者…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら