[PR]

 京都アニメーション第1スタジオ(伏見区)で起きた放火殺人事件から1カ月。18日は多くの人が献花台に訪れた。犠牲になった人を思い浮かべて涙を流したり、自ら描いた京アニ作品のイラストを供えたりする姿が目立った。上京区の寺院では追悼の法要が営まれた。

7時30分 岐阜県多治見市の斎藤誠さん(43)

 献花に来たのは4回目。アニメ制作会社の作品のなかで、京アニのものが一番好き。きれいだな。いい話だな。そう思って見ていると、エンドロールで京アニって出てくることが多くて。ぼくより若い世代が多く亡くなっているのはやりきれない。アニメの舞台になった「聖地」を撮影し、SNSにアップしたい。来たくても来られない人がいるので。

■9時30分 さいたま市の会社…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら