拡大する写真・図版 民家内にある作業現場。「昼も夜も行われている」と家主は話した=ギザ、北川学撮影

[PR]

 古代文明の発祥地エジプトで、遺物の盗掘が後を絶たない。一獲千金を狙い、民家の床下を掘る者がいる。(ギザ=北川学)

 ラバの引く荷車が砂煙を巻き上げる。カイロ近郊ギザ。3大ピラミッドから10キロほど離れたナイル川沿いの農村に赤れんが造りの3階建て民家がある。

 家主(35)が玄関の鉄扉を開け、記者を素早く迎え入れた。「今は誰もいない。見てもいい」

 家主は1階の部屋の白木のドアを押した。8畳ほど。窓はコンクリートで塞がれ、電灯があっても薄暗い。床に1メートル四方の穴が開き、はしごが掛けてある。深さ8メートル。脇に泥だらけのバケツが二つ。掘り起こされた土砂が、続き部屋の天井近くまで山になっていた。

コーランに手を置き…

 作業は1月に始まった。見知らぬ男が訪れ、「床下を掘らせてほしい。貴重なものが見つかれば高く売れる。分け前も与える」と話したのがきっかけだ。

 22年前に同じことがあり、今…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら