[PR]

 盆明けの精進落としの伝統行事で、網を投げて魚を捕る「ハンギリ出し」が16日、霧島市国分広瀬の潮遊池であり、多くの見物客が集まった。

 「ハンギリ」と呼ばれる底の浅い馬の飼料おけを取り付けたイカダに乗り、参加者たちが網を投げ入れてエッナ(ボラの子)などを捕まえた。捕った魚はその場でさばいて酢みそに付けて食べられた。

 市観光課によると、江戸時代後期に潮だまりを管理していた人々が、エッナを投網で捕ったのが始まりとされる。(小瀬康太郎)