[PR]

 気象庁は19日、浅間山(長野、群馬県)の噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げたと発表した。

 同庁によると、3へ引き上げた今月7日以降に噴火の確認ができず、地殻変動も観測されていないことなどから、火山活動のさらなる活発化は認められないと判断した。同庁は、火口から約2キロの範囲では引き続き、噴石の飛散や火砕流への警戒を呼びかけている。