[PR]

 子ども3人に電気ショックを与えて虐待したとして暴行と傷害の罪で起訴された北九州市小倉南区の無職、後藤孝宏被告(46)の初公判が19日、福岡地裁小倉支部であった。後藤被告は起訴内容を認めた。即日結審し、検察側は懲役2年を求刑した。

 起訴状などによると、後藤被告は2月26~28日、自宅で17歳の長女と13歳の次女の腕に、犬のしつけ用の通電装置で電気ショックを与えた。11歳の長男には、同じ方法で手の甲にやけどを負わせたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、後藤被告が子どもたちに勉強やゴミ捨てなどのルールを課し、守れなかった際に「ビリビリ」と称して電気ショックを与えていたと指摘した。検察側の被告人質問で虐待という認識がなかったか問われ、後藤被告は「自分の判断が甘かった」と答えた。弁護側は社会的制裁を受けて反省しているとして、執行猶予付きの判決を求めた。(狩野浩平)