[PR]

 令和最初の国賓として5月に来日したトランプ米大統領に、天皇、皇后両陛下が贈った円錐(えんすい)形の飾り鉢「瑠蒼釉鉢(るそうゆうはち)」の作者だ。口径57センチの鉢の中に広がるコバルトブルーのグラデーションが美しい。「両陛下が相談して選ばれたと聞いた。陶芸家としてこれほど名誉なことはない」と喜ぶ。

 独自に配合した炭酸銅の釉薬(ゆうやく)を素焼きした皿や壺(つぼ)、花器などに塗り、3度焼いて生まれる蒼(あお)だ。「焼く度に徐々に変化する。窯から出すまで焼き上がりは分からず、二つと同じ作品は作れない」と話す。

 大学卒業後に陶芸の道へ。小学校などへ陶芸教材を納品する事業を阪南市で始めたのがきっかけだった。土の仕入れで信楽や常滑など著名な陶器産地を巡るうちに「自分でもやってみよう」と、見よう見まねでろくろを回すようになった。26歳のとき知人に誘われて初めて日本伝統工芸展に出品したが落選。東京まで入選作品を見に行くと、伝統の産地や「これぞ焼き物」という作品が並んでいた。

 「伝統や歴史もなく陶器の名産…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら