[PR]

 熊野川流域には数多くの滝が存在する。涼を求めて中流域の滝を巡った。

 最初に目指したのは日本の滝100選の一つ、桑ノ木の滝(落差21メートル)。午前9時、新宮市街地を車で出発し、熊野川を右手に国道168号を北上する。相賀橋の信号で左折し、支流高田川沿いの県道へ。自然プールを過ぎ、9時15分、相賀バス停付近で車を止める。そこから案内板に沿って木立の中の道を歩く。

 木々が直射日光を遮ってくれて涼しく、せせらぎの音が涼感を増す。ゆっくりと進んで20分。行き止まりで急に滝の姿が目に飛び込んでくる。しぶきが舞い、木漏れ日が輝く。これ以上ない幻想的な風景だ。

 しばらく写真を撮り、10時1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら