[PR]

 厚生労働省は19日、韓国の金浦空港で酒に酔ってトラブルを起こし、現地警察の取り調べを受けた武田康祐・前賃金課長(47)=3月20日付で大臣官房付=を停職1カ月の処分にすると発表した。武田氏は事実関係を認め、「深くおわび申し上げます」と述べ、反省しているという。

 厚労省によると、武田氏は今年3月16~19日、海外に行く際に必要な上司の承認を得ないまま、私的な旅行で韓国を訪れた。17日に金浦空港で酒に酔った状態でトラブルを起こした。19日にも再び酒に酔った状態で、出発ゲート付近で空港職員に暴行したり、暴言を吐いたりして、警察に一時拘束された。職員側とは4月に示談が成立し、韓国の検察当局は5月29日に不起訴処分とした。