[PR]

 19日午後2時半すぎ、東京都千代田区の靖国神社で、男が拝殿に掛かる幕に墨汁のような黒色の液体をまいた。警視庁は器物損壊の疑いで現行犯逮捕し、動機を調べている。

 麴町署によると、男は中国籍で、いずれも自称で作家の胡大平容疑者(53)。容疑を認めているという。胡容疑者はペットボトルに入った液体を白色の幕にまき、中国・唐時代の詩人である李白や杜甫の名前などが記載された紙を拝殿に向けていたところを神社関係者に取り押さえられた。

 17日に家族とともに入国し、靖国神社には1人で訪れていたという。幕には中央下部から右上方にかけ、黒色の液体が飛び散っていた。