[PR]

■記者解説 アメリカ総局員・園田耕司

・米国、中ロの共同飛行に大きな衝撃。日韓問題に「深い憂慮」も、調停は不発

・トランプ米大統領、日韓問題深入りに慎重。背景に同盟軽視・二国間交渉重視

・日韓関係の悪化、米国の覇権に陰り。韓国批判より冷静に安全保障戦略を

 7月下旬、米ワシントンに衝撃が広がった。日韓両国の防空識別圏が重なり合う東シナ海や日本海の上空に、中国機とロシア機が進入し、初の共同警戒監視活動を行ったからだ。ワシントンの外交関係者は、米国の同盟国・日韓の対立を受け、日米韓の防衛協力の揺らぎを見る試みと受け止めた。

 東アジアの安全保障問題に詳しい米外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員は、「中ロは、日韓の緊張と米国の同盟国体制の弱体化につけこもうと待ち構えている。我々は中ロの準備態勢を過小評価してはいけない」と警告する。

 事態を危惧したナッパー米国務…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら