[PR]

(20日、高校野球 星稜9-0中京学院大中京)

 星稜・奥川の投球は申し分なかった。一回、中京学院大中京の高畠にいきなり安打を打たれたが、その後は藤田の1安打のみで余裕をもって七回までで交代した。威力ある直球に加え、曲げてよし、落としてよし。しぶとい中京打線も攻略しようがなかった。

 攻めては一回に内山の犠飛、二回に東海林の安打で1点ずつ。三回は福本、山瀬の適時打などで4点を奪った。七回は奥川、山瀬の二塁打で加点。早めの継投で目先を変える中京に対し、各打者が大振りせず、コースに逆らわない打撃を見せた。(編集委員・安藤嘉浩