[PR]

 お顔はしわしわ、脚はよろよろ。それでも人気は衰えない。悩むように頭を抱えるポーズでブレークした徳山動物園(山口県周南市)のマレーグマ「ツヨシ」が24日、32歳の誕生日を迎える。国内で飼育されている個体では最高齢。人間なら90歳近いおじいさんだ。

 うだるような暑さが続くこの時期、ツヨシに会うのは難しい。夏バテするのを避けて、日中も涼しい寝室にこもることが多いからだ。たまに展示場に姿をみせても、大好きな岩の上にねそべって動かない。

 そんなツヨシに刺激を与えているのは、18歳年下の後妻マーヤだ。おとなしくてのんびり屋のツヨシとは対照的な「おてんば」。展示場を活発に動き回っては、動きの鈍いツヨシにちょっかいを出す。

 ツヨシは1987年にミャンマーで生まれ、94年に来園した。「悩むクマ」としてブレークしたのは2005年。前妻レーコに見つめられると餌を落とし、頭を抱えている間に食べられてしまう。夫婦漫才のような姿が人気を呼び、来場者が急増した。レーコの死後、マーヤと再婚。連れ添って12年になる。

 最近は体力の衰えが目立ち、食べ物も細かく砕かないと食べられない。岩の上によじ登るのもつらくなり、園は6月、展示場にスロープを設置した。静かな余生を送るツヨシの飼育方針は「無理をさせないこと」だ。

 24日の誕生会は獣舎前で午前10時半から。飼育員が好物の果物を与え、老後の暮らしぶりを紹介。来園者とハッピーバースデーを合唱して長寿をお祝いする。(三沢敦)