[PR]

 広島市内でバーの女性店員を殴ったなどとして広島県警に暴行容疑で現行犯逮捕され、送検後に釈放された埼玉県幸手市の渡辺邦夫市長(62)が20日、市議会議長に辞職を申し出て、同日開かれた臨時会で同意された。21日付で辞職する。

 この日は市議会で市長に対する不信任決議が議題となる予定だったが、辞職の申し出によって取り下げられた。渡辺市長は議会終了後の記者会見で「市役所に多くの電話があり、業務に支障をきたしている。一刻も早く解消したい」などと辞職の理由を説明した。

 渡辺市長は中学生6人を連れて6日に広島市の平和記念式典に参列後の7日未明に逮捕され、送検後の8日に処分保留で釈放された。9日に開いた記者会見では「身に覚えがない。不当逮捕だ」と主張していたが、この日の会見でも「事件については事実無根で、争っていく」と話した。(米沢信義)