[PR]

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)第13日は20日、準決勝2試合があり、履正社(大阪)と星稜(石川)が決勝に勝ち進んだ。21日は新たに設けられた休養日で、決勝は22日午後2時に試合開始予定。どちらが勝っても初優勝となる。

 履正社は初めて決勝に進んだ。大阪勢としては昨夏の大阪桐蔭に続いて2年連続となる。

 今大会屈指の右腕奥川を擁する星稜は、準優勝した第77回大会(1995年)以来2度目の決勝進出。北陸勢としてもこの時以来2度目で、北陸勢初の優勝がかかる。

 2校は今春の選抜大会1回戦で対戦しており、この時は奥川が17三振を奪って完封し、3―0で星稜に軍配が上がった。選抜大会の対戦校がその年の選手権決勝で対するのは、2012年春に決勝を戦った大阪桐蔭―八戸学院光星(青森)以来7年ぶり。その前は85年春2回戦で対戦したPL学園(大阪)―宇部商(山口)までさかのぼる。