ブータンを私的に旅行中の秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(12)は20日、首都ティンプーにある学校を訪れ、同世代の子どもたちとゲームをして交流した。

 悠仁さまと同じ年頃の子どもたち約20人が1組5人のチームを結成。悠仁さまも加わった。ボールを後ろの人に回したり、遊具を順番に拾ってピラミッド式に積み重ねたりして早さを競った。この学校には、地元の5~16歳の子どもたち計920人が通っている。

 その後、悠仁さまはご夫妻とともに、ティンプーでハイキングをした。山腹で記者団からこれまでの旅行の感想について問われると、「楽しいです」と答えた。日本とブータンの違いについては、「すごく似ている感じがします。木とか草とか」と話した。(ティンプー=長谷文)