[PR]

 静岡県国際交流協会は、外国にルーツを持つ子どもたちの日本語学習を支援する基金を使った助成事業を募集している。テーマは「日本語学習支援」「キャリア教育支援」「地域住民との交流」「子どもの居場所づくり」の四つ。助成金の総額は130万8220円で、「キャリア教育」「進学ガイダンス」関連事業に80万円、その他の事業に50万8220円をあてる。事業1件につき40万円、総事業費の8割を上限とする。

 県内の外国籍の子どもは約7千人。うち公立学校に在籍し、日本語指導を必要としている子は約2700人で全国で4番目に多い。また、南米系の外国人学校が9校あり、約900人が第2言語として日本語を学んでいるという(2016年度)。

 助成対象はNPO法人、一般財団法人、社団法人、外国人学校、大学もしくは外国につながる子どもの支援に取り組む任意団体。応募の締め切りは9月6日(当日消印有効)。申請書式は同協会のホームページからダウンロードできる。