[PR]

 スマートフォンの無線通信機能「エアドロップ」でひわいな画像を送りつけたとして、20日、福岡市西区の会社員の男(37)を県迷惑防止条例違反(ひわいな行為等の禁止)で福岡区検に書類送検し、発表。容疑を認めている。

 署によると、男は7月5日午後8時45分ごろ、地下鉄の車内で、ダウンロードした女性の裸の画像をエアドロップを使って、糸島市の会社員の男性(34)のスマホに送りつけた疑い。署によると、県内で検挙に至ったのは初めて。(早良署発表)