[PR]

(22日、高校野球 履正社-星稜)

 星稜の打線は止まりませんね。延長十四回にサヨナラ本塁打で決着した智弁和歌山戦(3回戦)が、勢いをつけましたね。準々決勝は4本塁打で17得点。そういう試合の次は打てなくなるものですが、大振りせず、きちんと逆方向へ打っていました。とくに準々決勝で本塁打2本の4番・内山君が、一回にライトへ打った犠牲フライ。この打撃がよかったです。

 得点差がついた後半は、一発を狙うようなスイングもありましたが、カウントや得点差に応じた打撃ができています。内山君を見ていて、早稲田実で清宮幸太郎君(現日本ハム)の後ろを打っていた野村大樹(だいじゅ)君(現ソフトバンク)を思い出しました。体は小さいけど、長打力があって広角にも打てます。

 中京学院大中京も早めの継投で何とか失点を抑えようとしたのですが、星稜打線の勢いを止められませんでした。

 優勝する時は、必ずターニングポイントになる試合があります。そこでついた勢いを大切にすることです。投げては奥川君が賢い投球をしました。万全の状態で決勝に臨むといっていいでしょう。

 履正社も2年生投手の岩崎君が素晴らしい投球をしました。こちらも選抜大会で負けた悔しさを生かし、ここまで勝ち上がってきました。甲子園という舞台は選手をどんどん成長させます。決勝も素晴らしい試合になるでしょう。

 ただ、履正社の強力打線といえども、奥川君から、そう点は取れません。1~3点の勝負に持ち込みたいですね。そうなれば、どっちに転ぶか分かりません。打撃はまぐれの連続という面があります。いい形でボールをとらえれば、ホームランもあります。

 両チームとも自分たちの野球に自信とプライドを持って戦っていると感じます。必ず、ええ試合をしてくれると思います。(智弁和歌山・前監督)