[PR]

 アフリカ南東部マラウイで、学費を払えず中学にも通えなかった14歳の少年が風力発電装置を作り、呪術が頼みだった村を救う。そんな実話をもとにした映画「風をつかまえた少年」が公開されている。モデルになったウィリアム・カムクワンバさん(32)が7月に来日。貧困を抜け出し未来を切り開いたきっかけは、忍び込んだ図書室で出会った一冊の本だったと語った。

 映画の舞台はマラウイ中部の農村。科学に興味のある少年ウィリアムは希望を胸に中学校に進む。しかし、入学後まもない2001年、大干ばつに襲われた村で飢饉(ききん)が発生。農業を営む一家は年間80米ドルの学費が払えなくなり、ウィリアムは学校を退学になる。

 それでも学業をあきらめられな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら