長期化する入管収容 20年取り組む弁護士「今が最悪」

有料会員記事

聞き手 編集委員・塩倉裕、鬼室黎
[PR]

 ――長崎県の大村入国管理センターで6月、ナイジェリア人の長期収容者が亡くなりました。原因は分かっているのでしょうか。

 「餓死したとか、ハンストをしていたとか言われていますが、公式には分かっていません」

 ――公的な施設で管理されていた人の身に起きたことのはずです。なぜわからないのでしょう。

 「当局が発表しないからです」

 ――統計のある2007年以降、入管の外国人収容施設での死者は計15人、うち5人が自殺です。自殺未遂も相次いでいます。

 「亡くなった原因を公式に究…

この記事は有料会員記事です。残り4126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら