[PR]

 「マレーシアにも民主主義の意味を理解せず香港の抗議活動を支持する者がいる」

 15日にクアラルンプールで開かれた、太平洋戦争の犠牲者のための追悼式典。来賓としてあいさつした中国大使館の陳辰公使参事官が突然、先の戦争とは全く無関係の中国の国内問題を語り始めた。

 マレーシアでは、旧日本軍による虐殺被害は同国で少数派の華人に集中した。そのため、国全体での式典はなく、一部の華人団体が例年この日に式を営んできた。今回は、昨年末に2億円近くかけて建てた慰霊碑を披露する意味もあり、主催者も張り切っていた。

 そんな中、陳氏は9分間の演説…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース