[PR]

 イタリアのコンテ首相が20日、辞意を表明した。コンテ内閣は昨年6月、右派の「同盟」と市民政党「五つ星運動」のポピュリスト連立政権として成立したが、重要政策をめぐって両党がたびたび対立。同盟が今月9日に内閣不信任案を議会上院に提出し、早期の解散総選挙を求めていた。

 コンテ氏は20日に議会上院で演説。マッタレッラ大統領と面会して正式に辞意を伝えると明言した。隣に座る同盟党首のサルビーニ副首相に対し、同盟の人気を背景に総選挙を急ぐ姿勢を「無責任で日和見だ」と語るなど激しく批判した。

 コンテ氏は五つ星運動に近く、サルビーニ氏と対立。北部トリノとフランス南部リヨンを結ぶ鉄道建設の是非をめぐり、両党の対立は決定的になった。

 サルビーニ氏は移民排斥などを…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら